瑞川寺のお知らせサイトへようこそ!!

私達の菩提寺

瑞川寺について

私達の菩提寺  

瑞川寺(ずいせんじ) 曹源山(そうげんざん)(山号)

宗名  

曹洞宗(そうとうしゅう)

日本開宗  

お釈迦(しゃか)様から受け継がれた教えを、道元禅師(どうげんぜんじ、西暦 1200 年〜 1253 年)が我が国に伝え、四代 瑩山禅師(けいざんぜんじ、西暦 1268 年〜 1324 年)が、いっそう盛んになされました。道元様を高祖(こうそ)、瑩山様を太祖(たいそ)と仰ぎ、お二人を両祖大師(りょうそだいし)といただきます。

大本山  

永平寺(えいへいじ) 高祖道元禅師御開山 福井県吉田郡永平寺町
總持寺 (そうじじ)  太祖瑩山禅師御開山 神奈川県横浜市鶴見区

御本尊  

釋迦牟尼佛(しゃかむにぶつ)

お唱え  

南無釋迦牟尼佛(なむしゃかむにぶつ)

教え  

生まれながらに持っている仏ごころに目覚め、ひたすら眞理に 住 ( じゅう ) して生きるのが禅であります。人はともすると我が侭なはかりごとをして、本来の自己を偽り、 苦しみ悩みのもとを作っています。しかし受けついだいのちの尊さに気づき、 過ちを懺悔(さんげ)して真心をもって生きようとするならば、心が落ち着いて、おのずと生活が整えられ、人生が明るくなり、社会に役立つことを喜び、他の人の弱さを許し導き、またどんな苦難にも耐えていこうとする信念が培われていきます。本来に帰りついた安心の中に、自分を見つめる坐禅に親しみ、生きがいと幸せを発見するのが、禅の実践であります。

御経  

修證義(しゅしょうぎ)、般若心経(はんにゃしんぎょう)、観音経(かんのんぎょう)、壽量品(じゅりょうぼん)などの経典(きょうてん)を読誦(どくじゅ)します。

 

a:631 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional