瑞川寺のお知らせサイトへようこそ!!

中陰供養の心掛け

お寺の知識

中陰供養の心掛け  

新亡者の中陰供養には、加行として設斎法事を行うのが正式です。

しかしながら諸般の事情から、忌日に自宅に加薬ご飯や精進寿司等を用意し、ご焼香に来た方やご近所にふるまうことが、略法事として伝えられております。この場合、寺での法要(塔婆供養)の際には、当仏と住職と有縁無縁に献飯して、供養の誠を表すことが大切です。

また忌日に都合がつかず代参も頼めない時や、希望の時間に住職と都合が合わない時もあります。この場合にはやむを得ないこととして、不参法要を受け付けております。住職が塔婆供養を勤めておきますので、ご都合のついた時に塔婆を受け取り墓参をお勤めください。

前述の内容をふまえて、毎週の忌日の二日前に、法要の時間の予約や、不参法要の申し出を行ってください。

 

a:491 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional