瑞川寺のお知らせサイトへようこそ!!

正見を願う

お寺の知識

正見を願う  

―貴い人生のために―  信解のための道しるべ  (三版)

色は匂へど散りぬるを、我が世誰ぞ常ならむ、
有為の奥山今日超えて、浅き夢見じ酔ひもせず。

無常を観ずる心。露命を無常の風に任することなかれ。

人身得ること難し、仏法逢うこと稀なり。

皆死ぬる人と思えば懐かしい。因果の道理歴然として私なし。

己こそ己の依る辺、己をおきて誰に依る辺ぞ、
よく調えし己にこそ、まこと得難き依る辺をぞ得ん。

精進こそ不死の道、放逸こそ死の径。不精をせず、怠らず。

一切の為に、悪を作さず、善を努め、名利を求めず、心清らに。

身心自らも愛すべし、自らも敬うべし。「お大事に」

自未得度先度他、自分より先に他者のため。自利利人の法。

世間法は垣根の中で、損得・評判・苦楽にとらわれる。

出世間の心は、「我らと衆生と皆ともに仏道を成ぜん」

善の循環としての供養(お手伝い)・利益(皆のため)・
功(狙わずに)・回向(おかげさま)。

情は人の為ならず。掛けた情は水に流せ、受けた恩は石に刻め。

慎みを持ちながら、掛替え無い自己を育む。少欲・知足。

親のこころ子知らず、免れて恥じずとならない為に。

孝順は至道の法なり。孝を名づけて戒となす。

自然と文化、人間洞察、権力や罰則を用いず。

懺悔を修め、他者の過ちを許す心を培う。佛も昔は人なりき。

最勝の善身を徒にしない。生死の中に佛あれば生死なし。

 

a:504 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional